【開催レポ】誰も教えてくれなかった靴選び講座 第1回

靴ジプシーのみなさま、こんにちは!

あなたの足元を楽しく、幸せに♪ 選靴師(せんくつし)森田あすかです。

(笑点ふうの入り)

さっそくですが、26日に初開催しました講座のご報告でございます!

image2

そぼふる雨のなか、満席で開催させていただくことができました。

なんとなんと県外からもお越しいただきましたよ〜!!

ほんと、みなさまの応援のおかげです(;;)

ありがとうございます!!!

image3

自前プロジェクターを持ち込み、まずはプレゼン形式で、お話を聞いていただきました。

その後は、簡単にですが、みなさまのお足の測定をば。

いやー、当たり前なんですが、、、ほんっとうに、人それぞれ違うものです。

たとえサイズが同じだったとしても、指の長さや形、甲の肉付きなど、それぞれです。

みなさま、ひとの足をじっくり見るのは初めてとのこと。

これだけ多様性があるものを、わずかな既製品に押し込めたら・・・そりゃ無理も出ますって。

 

その後は、お持ちになったサンダルを見せていただき、個別に対策を考えました。

みなさま楽しんでいただけたようで、わたくしもうれしいです!!!

image4

(やりきった顔・・・笑)

 

【ご感想】

・パッドを使うだけで、劇的にはきごこちが改善されてびっくりした。

・今までどんな靴を履いていても、疲れる原因がわかってよかった。

・思った以上にサイズが小さかった・・・。より良い靴選びの旅にでようと思った。

・他人の足をじっくり見れておもしろかった。当たり前だけど一人一人全然違うんだなあとしみじみ。

・おもしろかったです。

(30代・Tさま)

おもしろかった。座学だけではなく、実際にはかってもらって、自分の足サイズがわかったので、靴が選びやすくなった!

人の足のサイズ、やわらかさが自分とは全く違うことに驚きました。

(30代・Aさま)

・足のサイズが、思っていたサイズより小さくて驚いた。

・自分の足のサイズにぴったりの靴を探してみたくなりました。

・足が痛くなる原因を知れて良かったです。

(Kさま)

サンダルの選び方がわかった。

痛くなる原因も理解でき、目からウロコがたくさんおちた。

これからは、脱ぎやすいようにゆるめておかず、女性らしく座ってしっかり足に合わせて履きたいと思いました。

(50代・Wさま)

 

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!

「来てよかった」とおっしゃっていただき、涙が出るほどうれしかったです・・・。

(今もちょっと泣いた)

 

ここに至るまで(って、いや始めたとこなんですが)、本当にたくさんの方にお世話になり、応援していただき、ようやくスタート切ることができました。

わたしの力なんて何もねえ・・・と思いつつ、なにはともあれ、継続していきます。

今週まだまだ講座が続きますよ!

 

****************
「人生を変える靴選び」
YELLOW BRICK ROAD
選靴師(せんくつし)森田あすか
【blog】https://dorothyproject.wordpress.com
【contact】https://ws.formzu.net/fgen/S98424789/
日本女性の足元を、楽しく幸せにすることを目指しています。
****************

広告

サイズ(足長)とワイズ(足囲)②

靴ジプシーのみなさま、ご機嫌いかがですか。

毎日暑いですが、裸足パンプスはなるべくやめましょうね〜。

足も靴も傷みますよ・・・。

夏パンストの不快感から逃れるには、ガーター!

涼しくてトイレも楽ちん、おまけに気分も上がるし、良いことずくめです。

CgVbHuAUIAA1m8L.jpg-small

・・・と言いつつ、わたくし、めったにストッキング履かないし、ぱっちんメンドクサイからサスペンダーストッキング最強説。でもベージュの良い色で安いのってあんまり無い気がする。。

良いのあったら教えてください。

(前回のワニが不評なのではないかと心配になって、慌てて女子アピールをしております。)

 

前置きが長くなりましたが、①の続きです。

サイズ(足長)とワイズ(足囲)①

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?

(『人間の証明』という映画、未見の方は観てくださいね。靴と何の関係もないけど、おすすめです。)

 

【前回のまとめ】

・足と靴には、サイズ(足長)とワイズ(足囲)というものがある。

・ふたつのサイズを合わせることが快適な靴選びの基本。

 

一般的な靴屋さんでは、この「ワイズ」というものを選べることが、ほぼありません。

(もちろん、選べるお店もありますが、非常に数少ないです。)

こちらは、女性用の靴のサイズ表です。

スクリーンショット 2016-07-23 23.57.02

(一般社団法人「足と靴と健康協議会」さまのページよりお借りしました。)

縦列が足の長さ(サイズ)、アルファベットの横列が足の太さ(ワイズ)と幅の数値になります。

よく店頭で、「23EE」とか、「らくちん3E」みたいな表記ありますよね。アレでございます。

こんなにサイズがあるってご存じでした??

私は調べてみるまで知りませんでした〜〜〜。

 

んがっ、、しかし・・・!!!

いわゆる「ふつうの靴屋さん」で、こんなにサイズが揃えてあると思いますか?

物理的にこれだけの在庫を抱えるのは無理ですよね。

ですから、殆どのお店で置いているのは、EかEEぐらいです。

わたしは靴屋さんに入ると、まず店員さんに「ワイズはどれくらいですか?」と尋ねます。

すると大体、「E〜EEぐらいですね」か、

「はあ?」「わかりませんね」と言われることもしばしば・・・。

 

もちろん細幅の靴を揃えているお店、はたまた幅広の靴を揃えているお店もあります。

とは言うものの、オーダー店以外の実店舗で、BとかAを置いてるお店は今のところ知りません。

情報があれば、ぜひ教えていただきたいですっ。

 

ちなみに、わたくしは、この表からもはみ出してしまう細幅足でして、それゆえに難儀しております。

そして、意外とマイノリティーでもないということがわかってきました。

 

【今回のまとめ】

・靴にはなんと144の規格サイズがある!

・日本で容易に入手できるのは、そのうち6サイズ程度しかない。

 

みなさまは、この状況、どう思われますか?

サイズ(足長)とワイズ(足囲)①

靴ジプシーのみなさま、ご機嫌いかがですか。

低血圧のわたくしは、すでに夏バテしております。。

page1-17

ワニが好き過ぎる♡♡♡

選靴師(せんくつし)森田あすかです。

 

さて、みなさまはご自分の足のサイズをご存じですか?

快適な靴選びには、まず自分の足の大きさ(特徴)を正しく知ることが重要です。

 

靴屋さんで、店員さんから「サイズお出ししましょうか〜?」と言われたら、何と答えますか?

おそらく殆どの方が、

「23センチです」、「24です」などと答えるのではないでしょうか。

これは靴の縦の長さのことですよね。

wize

しかし、足は平面ではなく立体です。

はたして長さだけで合うものでしょうか??

もうひとつ、「足囲(ワイズ)」というものがあります。

これは、親指・小指の付け根を通った周りの長さのことです。

この大きさが足と靴で合っていないと、靴擦れを起こしたり、あちこち痛みが出たり、歩きにくかったりします。(もちろん他の要因もありますが、私の体験では、合わない靴の原因の殆どがワイズでした。)

 

たとえば、デニム(パンツ)を試着するとき、ウエストと股下の長さをチェックしますよね。(デニムはヒップで合わせるとか、今そういうこと言わないよーに願います。)

足長だけで靴を選ぶというのは、股下だけでボトムスを選ぶのと同じぐらい、無茶なことなのです。

(服だと裾上げが簡単に出来てしまうので、喩えとしてはあまり適切でないのですが、他に思いつかないので、ちょっとご想像くださいませ・・・。)

 

ここでひとつ、疑問が湧きませんか?

デニムであれば、股下だけで選んだら、当然ウエストがブカブカだったり、きつくて履けなかったりします。

店員さんに、「ちょっとゆるいです」と言えば、ウエストがワンサイズ下のものを出してくれます。この場合、股下は同じです。ウエストに比例して股下が短くなったりはしません。

ところが、靴の場合は・・・

以下、私の実体験です。

(靴選びに自覚的になる前です。)

23センチの靴を試着して、

「ちょっとゆるいです〜」と言うと、

(今にして思えば、ちょっとどころではない!!)

22.5センチを出されます。

ほんとはまだゆるいのだけど、指先がきゅうくつなので「こんなもんかな?」と思う。

しかし、カカトはパカパカ抜けるし、靴ベラなど無くても、すぽっと履ける。

で、結局どれを履いてもしっくりこないまま、うっかり買ってしまう。

もしくは、買わない。

うっかり買った靴は、痛くて痛くて痛くて痛くて(100万回言いたい!)、1回履いて足を傷だらけにして二度と履けない。

白のパンプスが血に染まったときの悲しさよ・・・(涙)

 

・・・という負のループを延々と繰り返しておりました。

はい、アホですわ。

でもね、靴屋さんはなんでそんな靴をすすめるのでせうね?

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?

「サイズ(足長)とワイズ(足囲)②」に続きます。

「足裏セラピー」体験しました!

靴ジプシーのみなさま、ご機嫌いかがですか。

選靴師(せんくつし)の森田あすかです。

(当分、自分で言っていこうと思います。敵を欺くにはまず味方から・・・じゃなく、自分に浸透させていかないとですね。)

 

本日は、世にもめずらしい(!)

「足相カウンセリング・トウリーディング」を行っているまの みちこさんにお会いしてきました。

▼サロンのHPはこちら

Mano di luce(マーノ・ディ・ルーチェ)

image1

手相ならぬ「足相」・・・

一体なんじゃそれは!? めちゃくちゃ気になる・・・。

きっかけは、私がレッスンを受けている「話し声ボイストレーニング」の奥村先生から、まのさんのことを教えて頂き、さっそく飛びつきました^^

 

わたしがお願いしたメニューは、「足裏セラピーコース90分」(足裏分析+足つぼ)。

まずは、足をみていただきます。

足裏のシワや色、指の形や長さ、隙間の具合から、いろいろなことが読み取れるそうです!

わたしの足を見て、まの先生ひとこと、

「不思議・・・」

そ、そーですか、やっぱりそうですか・・・(;;)

あまり見たことない形(?)だそうです。

さらには、

「宇宙人」

までいただきました!(爆)

 

わたしの足ゆび(足裏)の状態から、

・貧血気味

・肩こり

・呼吸が浅い

・むくみやすい(お腹に水が溜まりやすい?)

などの身体の状態だけでなく、こころの状態までも読みとられてしまいます!

いろいろ溜まりやすいのでデトックスが必要とのことですが、「情報発信」していくことも、一種のデトックスだというお話が印象的でした。

 

「宇宙人」は宇宙人らしく自由にやって良いんですって!!

そ、そーなのか・・・(;;)

(わたしは子どものころから周りと違うことはいけないことだと思い、なるべく合わせるようにしなければとやってきて、それ故にしんどいこともありました。)

うちゅうじん

うちゅうじんといえば、やはりコレ。

 

また、私は左足のひとさし指がハンマートゥ(指が曲がってしまっている)なのですが、ひとさし指はコミュニケーションをあらわしているそうです。

比較的、合う靴を履くようになってかなり改善してきたのですが、まだ曲がっております。

情報発信していくことで、指も伸びていくかもね!とのことでした。

 

他にも、右足と左足の要素の違い(最初の写真)、

・靴を探しているとき=自分の場所を探している(それ今のわたしw)

・お気に入りの靴がある=自分の活躍できる場所がある

・指が長い=論理的 指が短い=直感的

など、興味深いお話は尽きません!!

めもめもしながら、「へー!へー!おもしろいっすね!」しか言ってなかった気がするw

書ききれない面白いお話満載でした!!

 

足って、結果があらわれるところだと思うのです。

合わない靴や、おかしな歩き方のせいで足が変形してしまったとして、結局その靴を選んで歩いてきたのは自分なわけです。

「自分が自分をどう扱っているか、あらわれるのが足なのではないか。」

と考える私としては、足からカラダとココロの状態を読み取るというのは、とても納得できるものでした。

(もちろん生まれついての足の特徴や肉体的な事情から、物理的に合う靴がないことは、本人には何の責任もありませんよ!私のような特殊サイズだと、つい自分責めループに陥りますが、原因の一端を担うのは、靴業界だと思いますけど!!!)

 

そのあとは、まのさんがいくつか取り出したなかから好きな香りを選んで、足つぼマッサージしていただきました。

ちなみに、わたしが選んだ香りは「Belive」。

そのとき必要な香りを選ぶんですって!

 

わたくし、足つぼって痛いだけだと思っていたのですが、痛くないし、めっっちゃ気持ちよくて寝オチしそうでした♡

終わったあと、やたらトイレ行きたくなったし、なんか足裏にすごい汗かいた気がする。

代謝が良くなったのかな〜。

 

私は初対面の方があまり得意ではないのですが、まのさんはとてもお話しやすかったです。

私にしては、めずらしくあまり緊張しませんでした。

「宇宙人」とか言われても受け取りやすい、というか、むしろうれしかったぐらいです(笑)。

わたしが一番あこがれる「フラットなひと」という印象でした♡

おすすめです!!またいきたーい!

 

まの先生(と、まみ子先生)ありがとうございました!!

image2

うちゅうじん、写真がヘタですみません。。

「誰も教えてくれなかった靴選び講座」7月開催

靴ジプシーのみなさま、こんにちは。

選靴師(せんくつし)の森田あすかです。

プロフィールはこちらから。

(選靴師って何?という方もご覧ください。)

 

さて、今月、初めての講座を開催予定です。

「誰も教えてくれなかった靴選び講座」

〜夏だ!サンダルだ!靴箱でねむってるあの子と出かけよう♡〜

と題しまして、基本的な靴の選び方と、サンダルを履きやすく調整する講座を行います。

(ええ、ちょっと・・いやかなり時期が遅いですよね・・・)

「でも、やるんだよ!」でございます。

40903_original

まずは、「靴選びの基本のキ」を知って頂きます。

そのあと、サンダルを履きやすく調整するワークショップを行います。

ワークショップとか書いちゃったけど、100円ショップで買えるグッズを使って、みんなできゃっきゃしながら、サンダルをカスタムしよーぜ!という気軽なカンジです。

 

あまりにもサイズが違い過ぎるものは無理ですが、デザインが気に入って買ったものの、痛くてお蔵入りのかわいそうなサンダルたちに、陽の目を見せてあげてください!!

 

また、お集まりの方で、サイズとお好みが合いそうな方がいたら、トレードしたり、欲しい方にお譲りなど出来たら、楽しいな〜などと妄想しております♡

ユーズドが気にならない方、いかがでしょう!?

お靴もお財布も喜ぶと思いませんかー!

 

◆日時:

7月26日(火)13:00〜15:00(満席)

7月27日(水)13:00〜15:00(開催決定!残席3)

7月30日(土)13:00〜15:00(満席)

◆場所:地下鉄鶴舞線いりなか駅 徒歩2分の場所を予定

※30日のみ、栄となります。

◆料金:モニター価格 3,000円(調整の材料費込み)

◆持ち物:筆記用具、調整したいサンダル(2〜3足まで)

※必要ない方は、サンダルをお持ちでなくても構いません。

◆お申込み:フォームよりお申込みください。

 

お問い合わせはコチラからどうぞ。

 

みなさまのご参加をお待ちしております♪

プロフィール

 

はじめまして!!

選靴と調靴工房 YELLOW BRICK ROAD

「選靴師&調靴師」の森田あすかと申します。

IMG_4016

「選靴師(せんくつし)・調靴師(ちょうくつし)」といいますのは、私がつくった造語で職業でございます。

(ドラクエっぽいでやんしょ♡)

字面どおり、「靴の選び方を教えるひと」「靴を調整するひと」

という意味です。

2016年1月から5月まで、「1%プレゼン塾」というところで学んだのですが、

そのなかで決めたことです。

(この「1%プレゼン塾」については、改めて書きたいと思います。っていうて、もう1年たってしもた〜〜><)

 

みなさまは「靴の選び方」を教わったことはありますか?

私はありません。

私は子どもの頃から、足に合う靴がなく、常に痛い思いをしてきました。

正確にいうと、「靴(を履くと、足)は痛くて当たりまえ」と思って生きてきたのです。

大人になってパンプスを履くようになると、ますます痛みはひどくなりました。

エブリデイ靴擦れ、足の爪は割れるわ、外反母趾になるわ、常に足のどこかに生傷やトラブルがありました。

30才を過ぎると、今度は足だけでなく股関節や膝に痛みが出るようになりました。

合う靴が無い自覚はあったので、なるべくスニーカーを履くようにはしていましたが、たまにはパンプスも履きたいものです。いや、大人になると、履かざるを得ない状況もでてきます。

(当時はスニーカーでも足は痛くなるし、とても疲れやすかったですが、パンプスと比べればマシというレベルです。)

外出の帰り道、股関節や膝が痛くて階段が上れないほどの激痛に襲われることも度々ありました。

整形外科や整体などもいくつか行きましたが、怪我や障害があるわけでもなく、痛み止めを処方されて運動しましょうね的な、役に立たない対処療法をされるだけでした。

(この「運動しましょう」ってやつも、靴に困るひとにとっては悪魔のフレーズですよ!合わない靴履いて運動したら身体こわすだけです〜)

 

その頃、結婚を機に会社を退職し、専業主婦となったのが幸か不幸か、外出しなくても生活できるという環境になりました。

もはや靴を履くのが恐怖になり、元々のインドア体質も相俟って、新婚早々に立派な?引きこもり主婦誕生!当時はうつと不眠もひどかったです。

しかし、そんな生活にほとほと嫌気が差し、どうにか私の足に合う靴はないものかと、様々なお店を回り、インターネットで調べ、自分で靴を作ってみたり、あれこれ試行錯誤と勉強を始めました。

そうこうするうち、靴に悩み、足の痛みをがまんしている女性が驚くほど多いということに気づきました。

多いというか、困ってない女性のほうが珍しいのではないでしょうか。

すべてを靴のせいにするつもりはありませんが、実際、「足に合わせて靴を履く」ようになってから、私の人生は激変しました。

職業だけでいうならば、

某SHOP店員→こじらせOL→自宅警備員(引きこもり)→選靴師(いちおう起業)

というなかなかの転職をはたしましたよ♡

 

そこに至るには、たくさんの素晴らしい方に出会えて、導いていただいたおかげなのですが、

わたし自身が外に出て歩いて行かなければ、出会えなかったわけです。

「新しい靴は新しい場所に連れて行ってくれる」などと言いますが、ほんっとーーーに、

その通りです!!

 

自分の経験から、ひとりでも多くの女性が靴に関することで「がまんしない」でいられるようになってほしい!!

靴を通して、心身ともにすこやかで幸せになってほしい

そんな想いから、少しでもお役に立てればと活動しております。

 

☆2016年5月 「1%プレゼン塾一宮0期」修了

☆2016年11月 Shoesfit Academy「快適なフィッティングを提供する靴パッド調整技術」修了

☆2016年12月 さとう式リンパケア「インソール基本講座」・「シューマイスター養成講座」修了

☆2017年4月 「西村シューフィットマスタースクール」修了

IMG_6801
0期で1号でやんす♡

 

1978年製、名古屋市在住。ハイオクO+の天秤座。

猫と夫の4にんぐらし。

特殊漫画と特殊映画と特殊音楽とビールが好き♡

 

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

選靴と調靴工房 YELLOW BRICK ROAD

名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線「御器所駅」より徒歩1分

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…