サイズ(足長)とワイズ(足囲)①

靴ジプシーのみなさま、ご機嫌いかがですか。

低血圧のわたくしは、すでに夏バテしております。。

page1-17

ワニが好き過ぎる♡♡♡

選靴師(せんくつし)森田あすかです。

 

さて、みなさまはご自分の足のサイズをご存じですか?

快適な靴選びには、まず自分の足の大きさ(特徴)を正しく知ることが重要です。

 

靴屋さんで、店員さんから「サイズお出ししましょうか〜?」と言われたら、何と答えますか?

おそらく殆どの方が、

「23センチです」、「24です」などと答えるのではないでしょうか。

これは靴の縦の長さのことですよね。

wize

しかし、足は平面ではなく立体です。

はたして長さだけで合うものでしょうか??

もうひとつ、「足囲(ワイズ)」というものがあります。

これは、親指・小指の付け根を通った周りの長さのことです。

この大きさが足と靴で合っていないと、靴擦れを起こしたり、あちこち痛みが出たり、歩きにくかったりします。(もちろん他の要因もありますが、私の体験では、合わない靴の原因の殆どがワイズでした。)

 

たとえば、デニム(パンツ)を試着するとき、ウエストと股下の長さをチェックしますよね。(デニムはヒップで合わせるとか、今そういうこと言わないよーに願います。)

足長だけで靴を選ぶというのは、股下だけでボトムスを選ぶのと同じぐらい、無茶なことなのです。

(服だと裾上げが簡単に出来てしまうので、喩えとしてはあまり適切でないのですが、他に思いつかないので、ちょっとご想像くださいませ・・・。)

 

ここでひとつ、疑問が湧きませんか?

デニムであれば、股下だけで選んだら、当然ウエストがブカブカだったり、きつくて履けなかったりします。

店員さんに、「ちょっとゆるいです」と言えば、ウエストがワンサイズ下のものを出してくれます。この場合、股下は同じです。ウエストに比例して股下が短くなったりはしません。

ところが、靴の場合は・・・

以下、私の実体験です。

(靴選びに自覚的になる前です。)

23センチの靴を試着して、

「ちょっとゆるいです〜」と言うと、

(今にして思えば、ちょっとどころではない!!)

22.5センチを出されます。

ほんとはまだゆるいのだけど、指先がきゅうくつなので「こんなもんかな?」と思う。

しかし、カカトはパカパカ抜けるし、靴ベラなど無くても、すぽっと履ける。

で、結局どれを履いてもしっくりこないまま、うっかり買ってしまう。

もしくは、買わない。

うっかり買った靴は、痛くて痛くて痛くて痛くて(100万回言いたい!)、1回履いて足を傷だらけにして二度と履けない。

白のパンプスが血に染まったときの悲しさよ・・・(涙)

 

・・・という負のループを延々と繰り返しておりました。

はい、アホですわ。

でもね、靴屋さんはなんでそんな靴をすすめるのでせうね?

母さん、僕のあの帽子、どうしたんでせうね?

「サイズ(足長)とワイズ(足囲)②」に続きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中