フォーマルシューズが急に必要になった話②

こちらのつづきでっす

【前回のあらすじ】急きょフォーマルシューズが必要になったものの、昔買ったガバガバパンプスを捨てたばっかりでピンチ!ワイズAAAのわたしですが、即日買えるAワイズのパンプスを購入。

 

というわけで、今回は調整編です。

慌てていたもので、ビフォーの写真を撮り忘れました(´;ω;`)

とりあえず試着の時点では、甲の部分に指が1本半ぐらい入るゆるさでした。

IMG_8990 2
ふかふかしてます

IMG_8991

めくってみると・・・

けっこう厚めのスポンジ(?)が入っています。

これめくるとボロボロになるやつ(´;ω;`)

 

IMG_8997

モロモロにならないシートに入れ替え、パッドを入れました。

IMG_8992

履いてみると、ワイズは良い感じになりました。

でも指先が痛い〜〜

(小指付け根の骨の収まりきらない感も・・・)

IMG_8993

痛い部分はピンポイントで伸ばしたりほぐしたりします。

しかし、、つま先の内側がメッシュ切り替えになっていて、

あんまり心地よくはありません。

ちなみに・・・

指先が痛いからといって、甲周りを伸ばしてはいけませんよ〜

履き口のフチが痛いだけで、ワイズは合っているのに伸ばしてしまうのにも要注意です。

IMG_8994

カカトのこの段差も気になったので、モミモミしました。

IMG_8996

仕上がりはこちらです!

目立たないですね♡

 

履いてみてどうだったかは次回お届けいたします。

では!!

 

広告

フォーマルシューズが急に必要になった話

こんにちは、森田あすかです。

急きょ、フォーマルパンプスが必要になり、大慌てで買いに走りました。

それまでどうしていたかというと、ガッバガバの大きいものを履いていました(汗

 

そろそろちゃんとしたものを用意しなきゃなーと思いつつ、

つい後回しにして、しかも前のんは捨ててしまったところでした(!)

 

今日明日のことなので、オーダーでは間に合わない><

三越で以前見かけたPIC&PAYへ、Aワイズのパンプスを買いに行きました。

ほんとは3Aを買いたいところですが、調整でなんとかなるか試してみます。

PIC&PAY公式サイト(ワイズAのパンプスについてのページは見つけられず・・・)

 

こちらはワイズがA・C・E・EE(だったかな?うろ覚えですいません、、)

選ぶことができます。

・ヒール高は5cmと7cm

・ヒールの形は細・太

・トウの形はスクエアとポインテッド

 

ヒールは5cm、太ヒール、スクエアで選びました。

(用途が決まっておりますのでな)

 

わたしの足長の実寸は23.2〜3cmぐらいなので、

23cmと23.5cmを履き比べてみました。

太さ(ワイズ)はどのみちゆるいので、23cmでもするっと履けてはしまいます。

左右差もあるので、右は23でいいかなーというところ。

でも左は指先が当たって無理。

ワイズに関しては、調整でどうにかなりそうです!

 

せっかくなので(?)、7cmヒールと細ヒールも試着しました。

7cmヒールのがかかとの収まりが良い感じ。

たくさん試着させていただき、ありがとうございました♡

 

というわけで、結局5cmヒールのサイズ23.5のワイズAにしました。

 

お値段は税込16200円。

滅多に出番はないけど、必ず必要なものではあるフォーマルグッズ。

この先ながーく使うことを考えると、履き心地はちょっと・・・

なのですが、

Aワイズで即日買えたのはめちゃくちゃ助かりました!!

 

そしてパンプスをお店で試着して即日買ったの久しぶりです・・・笑

 

さて、調整するぞい♡

つづきは次の記事で!

 

 

ヒールはもちろん、ペタンコ・バレエシューズ・スリッポン、何を履いても足が痛い!疲れる!あなたの足に合う靴がない理由

靴でお困りの女性の共通点。

それは、自分の足のサイズ・ワイズを知らない(測ってもらったことがない)ことです。

こちらにも書きましたが、靴のサイズは眼鏡やコンタクト並みに測定することが大事なんです!!

快適な靴選びの第一歩は、自分の足のサイズを知ることです。

 

日本にはJIS規格という標準規格があり、靴も長さや幅によって144サイズ(!)がJIS規格として定められています。

スクリーンショット 2016-07-23 23.57.02

(一般社団法人「足と靴と健康協議会」さまのページよりお借りしました。)

 

ただし、この規格は守らなくても罰則はないので、靴のメーカーはそれぞれ独自のサイズ表記をしています。

S・M・Lなどの表記もよくありますよね。

靴選びの基準となるサイズがメーカーによって違うのですから、サイズ表記をあてにしていては、足に合う靴を選ぶことはできません。

 

上記の「自分のサイズを知りましょう」と矛盾するようですが、

「サイズはあくまでも目安」なのです。

ですから靴を選ぶときには、サイズをチェックすることよりも、

「履いてみて自分の足に合うかどうか」をチェックすることが大切です。

 

さらに困ったことがあります。

現在の日本で一般的に売られている靴は、ほとんどワイズ表記がありません。

表示があったとしても、ほとんどがEやEE、EEEといった幅広のものばかりです。

靴屋さんのキャッチコピーでも、

「選べる幅広」「ゆったり楽チン」など、とにかく幅が広いことをうたったものが多いですよね。

 

しかし、靴でお悩みの人というのは、ほとんど幅が狭い人なのです。

ところがその自覚がなく、「自分は幅広だから合う靴がない!」

と思い込んでいる人もいます。

また足のトラブルの原因も、大きすぎる靴を履いていることが多いです。

これ全部わたしのことなんですけどね。;;

(そのあたりの話はプロフィールをお読みください。)

 

ワイズEぐらいが標準サイズだということなのかもしれませんが、

それでは一定数の人は、まったく足に合わない靴を履き続けることになってしまいます。

 

▼最近では、少しずつですが、幅狭の靴を作るところも増えてきました。

【幅狭甲薄さん】おすすめ靴屋さん

 

まずは自分の足が幅狭なのかどうか、知るところから始めてみてくださいね♡