プロフィール

 

はじめまして!!

選靴と調靴工房 YELLOW BRICK ROAD

「選靴師&調靴師」の森田あすかと申します。

IMG_4016

「選靴師(せんくつし)・調靴師(ちょうくつし)」といいますのは、私がつくった造語で職業でございます。

(ドラクエっぽいでやんしょ♡)

字面どおり、「靴の選び方を教えるひと」「靴を調整するひと」

という意味です。

2016年1月から5月まで、「1%プレゼン塾」というところで学んだのですが、

そのなかで決めたことです。

(この「1%プレゼン塾」については、改めて書きたいと思います。っていうて、もう1年たってしもた〜〜><)

 

みなさまは「靴の選び方」を教わったことはありますか?

私はありません。

私は子どもの頃から、足に合う靴がなく、常に痛い思いをしてきました。

正確にいうと、「靴(を履くと、足)は痛くて当たりまえ」と思って生きてきたのです。

大人になってパンプスを履くようになると、ますます痛みはひどくなりました。

エブリデイ靴擦れ、足の爪は割れるわ、外反母趾になるわ、常に足のどこかに生傷やトラブルがありました。

30才を過ぎると、今度は足だけでなく股関節や膝に痛みが出るようになりました。

合う靴が無い自覚はあったので、なるべくスニーカーを履くようにはしていましたが、たまにはパンプスも履きたいものです。いや、大人になると、履かざるを得ない状況もでてきます。

(当時はスニーカーでも足は痛くなるし、とても疲れやすかったですが、パンプスと比べればマシというレベルです。)

外出の帰り道、股関節や膝が痛くて階段が上れないほどの激痛に襲われることも度々ありました。

整形外科や整体などもいくつか行きましたが、怪我や障害があるわけでもなく、痛み止めを処方されて運動しましょうね的な、役に立たない対処療法をされるだけでした。

(この「運動しましょう」ってやつも、靴に困るひとにとっては悪魔のフレーズですよ!合わない靴履いて運動したら身体こわすだけです〜)

 

その頃、結婚を機に会社を退職し、専業主婦となったのが幸か不幸か、外出しなくても生活できるという環境になりました。

もはや靴を履くのが恐怖になり、元々のインドア体質も相俟って、新婚早々に立派な?引きこもり主婦誕生!当時はうつと不眠もひどかったです。

しかし、そんな生活にほとほと嫌気が差し、どうにか私の足に合う靴はないものかと、様々なお店を回り、インターネットで調べ、自分で靴を作ってみたり、あれこれ試行錯誤と勉強を始めました。

そうこうするうち、靴に悩み、足の痛みをがまんしている女性が驚くほど多いということに気づきました。

多いというか、困ってない女性のほうが珍しいのではないでしょうか。

すべてを靴のせいにするつもりはありませんが、実際、「足に合わせて靴を履く」ようになってから、私の人生は激変しました。

職業だけでいうならば、

某SHOP店員→こじらせOL→自宅警備員(引きこもり)→選靴師(いちおう起業)

というなかなかの転職をはたしましたよ♡

 

そこに至るには、たくさんの素晴らしい方に出会えて、導いていただいたおかげなのですが、

わたし自身が外に出て歩いて行かなければ、出会えなかったわけです。

「新しい靴は新しい場所に連れて行ってくれる」などと言いますが、ほんっとーーーに、

その通りです!!

 

自分の経験から、ひとりでも多くの女性が靴に関することで「がまんしない」でいられるようになってほしい!!

靴を通して、心身ともにすこやかで幸せになってほしい

そんな想いから、少しでもお役に立てればと活動しております。

 

☆2016年5月 「1%プレゼン塾一宮0期」修了

☆2016年11月 Shoesfit Academy「快適なフィッティングを提供する靴パッド調整技術」修了

☆2016年12月 さとう式リンパケア「インソール基本講座」・「シューマイスター養成講座」修了

☆2017年4月 「西村シューフィットマスタースクール」修了

IMG_6801
0期で1号でやんす♡

 

1978年製、名古屋市在住。ハイオクO+の天秤座。

猫と夫の4にんぐらし。

特殊漫画と特殊映画と特殊音楽とビールが好き♡

 

 

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

選靴と調靴工房 YELLOW BRICK ROAD

名古屋市営地下鉄桜通線・鶴舞線「御器所駅」より徒歩1分

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…

広告