楽ちん美♡スニーカーのすすめ③番外編

 

こんにちは

おくつの妖精♡森田あすかです。

(苦情はいっさい受けつけませんw)

楽ちん美♡スニーカーのすすめ①

楽ちん美♡スニーカーのすすめ②

に続く番外編です。
幅が細くて甲が薄い足の方は、靴紐が余って困りますよね〜

私もいつも余りまくっております。


対策としては、

①短い靴紐に替える

②結び方を工夫する

ですよね。
①の場合は、買うのもいいし、自分でちょうどいい長さにカスタムするという手もあります。

靴紐をオーダーカットできるお店

熱で収縮するシューレースパイプというのを使って自分でカスタムもできます。

DIY精神!

東急ハンズ、手芸店、アマゾン等で買えます。

81+sMvgfbLL._SL1429_

いっぱい入ってて安いので、こんなんも使ってみました(笑)

思ったより先端が細くならなかったり、強度が弱かったりします。

私が不器用なだけかもしれませんが〜

他にもリボンでシューレースを作ったり、素材でも遊べますよ♡

しっかり足を支えられるよう、きちんと締められるものを使ってくださいね。

どうせなら、カラーや柄で遊んで楽しんでみるのも◎

②は一番簡単なのは、蝶結びのわっかを長くとってもう一度結ぶ。

歩行中にほどけたり踏んだりすると危ないので、あまり長くなり過ぎないようご注意ください。

 
▼こちらは、靴紐の変わった結び方を紹介したサイト▼

Ian’s Shoelace Site

このバリエーションは圧巻です!!

イアンさんて相当なヘンタイさんですね♡(ほめてます!)

お客様に教えていただきました^^

Tさま、その節はありがとうございます♡

余談ですが、先日のアウトプットStyleイベントでは、

入場曲を使いました。

好きな曲で前に出ていただいて、テンションあげてアウトプット♡

という試みです^^

アテクシが選んだのは、RhymesterのK.U.F.Uという曲でした。

わりと普通に言うと工夫という^^

D.I.YとK.U.F.Uで、スニーカーライフ楽しんじゃってください♡

 

「スニーカーのすすめ」おしまい♡

広告

楽ちん美♡スニーカーのすすめ②

 

こんにちは

おくつの妖精♡森田あすかです。

(ちょっと慣れてきたぞ・・)

 

 

楽ちん美♡スニーカーのすすめ①のつづきです。

さて、次はスニーカーの履き方です。

五七五で覚えてください(笑)

靴紐ゆるめて

五七七じゃんって思ったアナタ、

その通りです!笑

ツッコミいただきました〜

なので、

『靴紐は

ゆるめて履いて

ヒールロック(字余り)』

とおぼえてくだしゃい。
もうコレに尽きます。

紐を結んだままで脱ぎ履きするなんて言語道断ですよ!!

どんなに足に合っていよーが、高級だろーがオサレだろーが、

靴紐をおろそかにするものは足元をすくわれます!

靴紐に始まり、靴紐に終わる、と言っても過言ではにゃい。

で、これで終わるのもアレなので、「ヒールロック結び」というのをご紹介します。

スポーツされる方はご存知かもしれませんね。

ヒールロック結び方

①手前の穴2つめに下から紐を通します

②③画像のように通して、指が入るようにわっかにします

④両足やります

⑤右側の紐は左のわっかに、左側の紐は右のわっかに通します

⑥わっかを持って締めます。

写真では斜めになってますが、わっかの上の紐を引くカンジ

このとき、土踏まずのところがきゅっと気持ち良く締まるのがわかります

⑦左右の紐を持って、真横に引きます

⑧左右の紐を真上に引きます

(写真は手前に引いてるように見えますが、片手でカメラ持ってるのですみません)

⑨しっかり結びます

⑤と⑧の写真を比べてみると、靴が足アーチに沿い、カカトも締まってぴったりしているのがわかると思います。

これだけ締めても、指は自由に動かすことができます。

ゆるめるときは、蝶結びをほどいてわっかの部分を引くとゆるめやすいです。

ぜひやってみてくださいね♡

番外編につづく

楽ちん美♡スニーカーのすすめ①

 

こんにちは

おくつの妖精♡森田あすかです。

(さらっと書いてるけど、ちょっとはずかしかったりしますw)

 

先日のアウトプットStyleで発表した

「楽ちん美♡スニーカーのすすめ」

の内容をブログにも書きますね。

 

スニーカーって人によっては楽とは限らないんです。

足に合わないものを履いていたり、履き方を間違っていると、かえって疲れやすくなります。

そんなわけで、スニーカーの選び方と履き方についてお話させていただきます。

 

★足長(サイズ)と足囲(ワイズ)を知ろう

wize

スニーカーは靴紐で調整ができるので、パンプス選びほど足囲をシビアに考えなくても良いですが、やはり知っておくにこしたことはありません。

お店で測ってくれるところもありますし、ご家庭で測ることもできます。

アシックスさん等、無料で機械計測してくれるところもあります。

もちろん、わたしのメニューでも計測は必ず行います。

(というか、それがメインですので〜)

 

 

そんなんめんどくさいわー、というあなたはココから!!

 

★インソールを引っこ抜いて、その上に立ってみる

これが一番手っ取り早いです。

コンバースなどインソールが取り外せないタイプもありますが、

カップインソールが入ってるものは出して上に立ってみましょう!

取り外せるタイプはカスタムもしやすいのでオススメです。

スニーカー合わせ

かかとを合わせて立ったら、

・つま先部分に指一本ぐらいの余裕があるか(捨て寸)

・インソールから足がはみ出していないか

確認します。

 

普段お履きのパンプスより、1サイズ上になることが多いと思います。

と言っても、メーカーによって木型もサイズ表記も様々ですので一概には言えません。

計測値やサイズ表記に惑わされずに試着してみてくださいね!

 

左右差がある場合は、大きい方に合わせ、インソールで調整します。

 

次に、インソールを靴に戻して履きます。もちろん両足ですよ!!

カカトをトントンしてきちんと収め、靴紐をしっかり結んで、歩いてみます。

(店員さんが結んでくださるときって、なんであんなにゆるく結ぶのか不思議です・・・)

 

そのとき、次の3つを確認してみてください。

試着ポイント

次はスニーカーの履き方です!

スニーカーのすすめ②に続く